『血について』

『血について』

血は人体を構成する基本的な物質生命活動を維持するはたらき。
つねに血管の中に流れているため多くの臓器と関係するがとくに肝と心が関連がありもっともかかわりが深いのは心である。
心は脈管とつながり、心気により血は血管を通って全身の隅々まで流れている。

血の生成

①腎精から生成。「精血同源」
②水穀の精微(食物の栄養分)から生成
③津液からの生成
など

血の働き

①補養作用

食物の栄養分からつくられた血は栄養が豊富なため各臓腑、組織に流れ栄養を供給しながら、各機能のバランスを調節。

②養神作用

血により精神を養い安定させる。血がしっかりしていると、精神が充実、意識が明晰、反応が素早く、身体のうごきも健康的。

血の病症

血虚症

血がたりなく、補養作用、養神作用が減退した状態

原因

虚弱体質、出血、消化器官の疾病、ストレス、瘀血(血の滞り)などの原因により、血流減少、血の質の低下をきたすため起こす

症状

①血虚により臓腑への栄養不足:顔面、唇、爪色蒼白、生理不順
②脳が血虚で栄養不足:めまい
③血が心神を養えなくなる:心悸、不眠
④筋への滋養不足:しびれ

治療法

補血:血を補益する

血熱症

血に熱がこもり様々な症状が出現する状態

原因

暑邪、陽邪の侵入、酒の飲みすぎや、悩み、怒るなどの感情の影響、房事過度などにより引き起こされる。陰邪による場合もある。熱により血の流れが速くなる

症状

①肺熱:咳血・鼻血・皮下出血
②肝熱:咳血・吐血
③心熱:顔が赤い・意識障害・血尿
④脾胃大腸の熱:吐血・血便・皮下出血・歯茎の出血
⑤膀胱の熱:血尿・尿の熱感・排尿時の痛み

治療法

清熱涼血:血にある熱を取り除く

血寒症

陽気不足あるいは寒邪により気滞と血瘀による冷え・疼痛などの症状を中心とする症候群

原因

虚弱体質、陽気不足による身体の内部に生じる内寒、あるいは外界の寒邪が直接臓腑に侵入するなどして引き起こされる

症状

①陽気不足により気の身体を温める働きが低下、または寒邪により陽気を傷める:冷え・顔色が蒼白
②気の巡りと血の流れが滞る:疼痛の症状が目立つ、生理不順・生理痛

治療法

温経散寒:経絡を温め寒気を散らす

血瘀症

血の流れが緩慢となり停滞することにより現れる症状

原因

寒邪の侵入、気滞、外傷などにより引き起こされる。血の流れが緩慢となり停滞する状態で瘀血が生じ、瘀血が詰まると血瘀の状態はさらに悪くなる。

症状

①血流の停滞により気の巡りも悪くなり、気血の循環がスムーズにいかない:冷えと疼痛の症状が目立つようになる(不通則痛)
②気血の停滞により固まりになりやすい:腫塊・瘀斑
③皮膚の営養が出来なくなる:皮膚が粗い・唇と爪の色が暗い

治療法

活血化瘀:血流をよくし瘀血を解消

↓オススメの本↓


 

ご予約は下記
ホットペッパービューティー・InstagramDM・公式LINE・TELにてお願いします。

↓KAILAokinawaネット予約↓
ホットペッパー

KAILAokinawa
鍼灸×整体
↓Instagram↓
KAILAokinawa

Pono veda by KAILAokinawa併設
インドエステデトックス痩身サロン
↓Instagram↓
Pono veda

↓公式LINEからも予約可↓
KAILAokinawa公式LINE

所在地
〒901-0241
沖縄県豊見城市字豊見城1131-1
パークサイドアパート103号
電話番号
098-914-0362
メール
kaila.okinawa@gmail.com

営業時間
平日10:30〜19:00
土10:30〜15:00
定休日
日・祝・その他
時間外施術も相談可能

 

関連記事

  1. 肺・大腸の病証についてKAILAokinawa
  2. 腎・膀胱の病証、KAILAokinawa
PAGE TOP